今読むべき小説

「海賊王」と呼ばれた村上武吉の破天荒な娘・景。
織田信長に攻められた大坂本願寺を救うべく大合戦へと突き進む。構想四年の大河小説。
「破天荒で魅カ的な海賊の姫をはじめ個性的な登場人物たち、
圧倒的なスケールで描かれる戦いに血沸き肉躍り、後に爽快。
今読むべき小説の堂々筆頭」(ヤマト屋・店東仙台店店長・米谷歩)
「丹念に資料にあたって史実にのっとり描かれた物語。
伊賀を迫われたニート忍者、風太郎の人生は、謎のひょうたんと山会い、予期せぬ方向へ。

b0225060_11325399.jpg


やがて大坂の陣へと巻き込まれていく。「目的もなく無為にだらだら過ごしていた風太郎が、護るものを見つけて必死に駆けて行く様が圧巻。万城IJ作品で一番熱い」(八重洲ブックセンター日本橋三越店・高橋雄大)「万城目学が正々堂々と時代小説に挑むとは。胸熱く感動し、読後涙がとまらなかった」(紀伊園屋書店富山店・野坂美帆)妻と死別した俳優、突然恋煩いになった外科医……。女のいない男たちを描いた六編の物語。

「めったに書かない「まえがき」も読みどころ。
女がいないことが男の何かを決定づけてしまう。
村上作品の永遠のテーマが読み取れて興味深い」(代官山蔦屋書店・間室道子)
「村上春樹を読む幸福感は変わらない。年齢を重ねてわかる男女の機微で溢れている」
(ムっ井書店グループセン夕ー店・鳥橋早苗)
「軽微な暴行事件などでは検察も弁護士がついた方がやりやすいのです」。

遠藤弁護士によれば、検事が弁護士に「示談はまだですか」と聞くこともあるそうだ。
加害者の弁護士が被害者から「穏便に」の言質をとることも弁護士の仕事の1つ。
「それには被害者の方の立場に立つことも必要。
弁護士の腕の見せ所ですね」菅野弁護士はいう。
セクハラ、パワハラなど労働者と事業主との問の労働関係に関する紛争も深刻な問題。
同事務所ではリーズナプルに顧問契約を結ぶシステムもある。
また、弁護士を立てるほどでなけ散ば、継続的に法律相談を受けられるサポート契約もある。
こうしたシステムのすべては依頼者の気持ちを優先し、
できる限り希望にそえる解決をしたいと願う同事務所の良心なのだろう。
[PR]

by 020lv | 2014-11-02 11:32 | Comments(0)