そこに込められた想いとは?

b0225060_1236820.jpg

「あなたの好きな怪物・モンスターはなんですか?」もしも世界でそんな調査を行ったら、多分ピカチュウとともにブッチギリで1位になるであろう、吸血鬼ことヴァンパイア。なかには様々な想いが高じて、実際にヴァンパイアになってしまった人々も存在する。

今回ご紹介するのも、世界で一番有名な『ヴァンパイア・ウーマン』。尖った歯にピアスだらけの体、ボコボコの頭に全身に入れられたタトゥー……と確かにちょっと変わったお姿の彼女。しかしそこに込められているのは、人間への愛なのだ!

・体の95%がタトゥーで覆われた女性
『ヴァンパイア・ウーマン』として知られる、メキシコ人のマリア・ホセ・クリスターナさん(37)。先の分かれた舌、牙、頭に埋め込まれたチタン製の角、ありとあらゆるピアス、そして体の95%に入れられたタトゥーで有名なタトゥーアーティストだ。

2014年にはパートナーの男性と共に、「最も肉体改造を行ったカップル」としてギネス認定もされた彼女だったが、2015年7月、コロンビア、メデジンで行われたタトゥーエキスポにて更に進化した姿を披露。再び注目が集まった!

・4人の子供を連れて、夫の暴力から逃げ出した
マフィアが暗躍する町で、信仰深い家庭に育ち、17才で結婚し4人の子供をもうけ、その上、元弁護士という異色の経歴を持つクリスターナさん。

10年もの間、元夫からの家庭内暴力に耐えた末に、子供たちを連れて逃げ出した彼女は、生きたいように生きることに決心。そう、今の『ヴァンパイア』の姿をすることにしたのだった。

・虐げられている女性のために声をあげる!
その見た目から、かつて彼女が街を歩けば、人々に奇異な目で見られたり、指で作った十字架を向けられては「悪魔」扱いされたこともあったという。しかしもちろん、彼女は「悪魔」なんかではない。それどころか、「女性の味方」なのだ!

女性の地位がまだまだ低いメキシコ社会。そんな女性たちの力になるべく、クリスターナさんは活動を行っているのである。人目を引く姿で世界を飛び回り、行く先々で、女性の人権問題を投げかけ続けているのだ。

テレビ番組からタトゥー・フェスティバル、ライブなど、世界の表舞台で活躍する一方で、「ウチの娘が反抗期で」とか「夫の暴力から逃れたい」という、地域の女性たちの悩みにも直接耳を傾ける彼女なのであった。
[PR]

by 020lv | 2015-08-04 12:36 | Comments(0)