アレキサンダー・マックイーンの新クリエイティブディレクターにSarah Burton

アレキサンダー・マックイーン社とその親会社グッチ・グループは「アレキサンダー・マックイーンの新クリエイティブディレクターにSarah Burtonが就任し、すべてのコレクションの創造的な方向および開発を監督する」と発表。Burtonはマンチェスター生まれの35歳。セントマーティン在学中だった1996年からマックイーンに参加し、2000年にはレディスウェアのヘッド・デザイナーに就任。

2月にマックイーンが自殺するまで、彼の右腕として働き、2010年秋冬コレクションを完成させた。「モダンで美しく、巧みに作られた衣服の生成がリーのビジョンの中心にありました。私は彼の遺産に忠実なままでいるつもりです」とバートン。アレキサンダー・マックイーン社のJonathan Akeroyd社長兼CEOは「私たちはサラがクリエイティブディレクターの役割を引き受けてくれたことを嬉しく思います。彼女は14年間以上リー・マックイーンとともに働き、彼のビジョンについての深い知識を持っています。

また、彼女の創造的なリーダーシップの下で私たちはブランドの歴史に新しい過程を入力する準備ができています」とコメント。グッチ・グループのRobert Polet社長兼CEOは「創設者を亡くしたという悲劇の後でも、私たちはアレキサンダー・マックイーンのブランドを支援し続けます。サラには真の才能、ブランドに対する深い理解、前に進むために必要なビジョンがあります。私たちは今後もサラとそのチームをフルサポートし続けるでしょう」と述べた。
[PR]

by 020lv | 2015-08-15 11:40 | Comments(0)