思想は頭の中で彫彊作用を届こす

この点で私と同じ意見をもつある医師は、「書物から得たものであれ自らが考えだしたものであれ、思想は頭の中で彫彊作用を届こす。それはべンあるいは舌を用いて外に表現することによって解放してやるしかない」と述べている。

b0225060_11463578.jpg

「目を開き」というのは、明な助言である・ものを見ていても心の目はいつも閉ざしたままという人がなんと多いことだろう。まさに「見れども見えず」である。そういう人が老年になって年の功を主張しても、そんなものは認めるべきでない。


[PR]

by 020lv | 2017-01-25 10:43 | Comments(0)