それからの長いつきあいが楽になる

 初対面の会話に時間を割くといっても、二、三分を超えることはない。ちよつと神経を使って、気の利いた言葉をひとつかふたつかでも言っておけば、それからの長いつきあいが楽になる。


 外国語を話すことができて、外国人とつきあいの経験のある人は、初対面のあいさつの仕方をよく知っているひ国際的な場では、現在は欧米方式が一般的である。相手が欧米の人でなくても、欧米式に従っていれば問題はない。相手の目を真正面から見て「はじめまして」と言い、握手をする。

b0225060_12432852.jpg


[PR]

by 020lv | 2017-03-27 12:43 | Comments(0)