仕事に関する悩みの場合は、直属の上司に相談する

b0225060_17295876.jpg

そのような「憎まれっ子」になってはいけないが、人に迷惑のかからない程度に、自分の悩みは、早目に人に聞いてもらうべきである。仕事に関する悩みの場合は、直属の上司に相談する。


協みを訴えるときに注意しなくてはならないことは、自分の感情のままに武駅をぶつけるかたちをとらないようにする点だ。たとえば、海外のマーケットを狙った新しいプロジェクトに関して、自分は当然そのメンパーに加えてもらえると思っていたにもかかわらず、外された場合である。


[PR]

# by 020lv | 2017-04-26 11:05 | Comments(0)

中国各地で人気「嫁・姑講座」

2017年3月24日、参考消息網によると、台湾・中時電子報は23日、嫁姑の関係は、中国でも古くから複雑で微妙な問題として認識されていたが、現代でもそれは変わらず、嫁と姑の付き合い方を教える講座まで存在していると伝えている。

河北省石家荘市では近年、「嫁と姑の確執をなくす」「嫁姑が共存する方法」といった講座や研修が数多く登場している。嫁姑問題をなんとかしたいと悩む人が専門家の講座を訪れたり、研修を受けたりしている。

15年から嫁姑関係の講座を行っているというある心理カウンセラーは「嫁姑問題は、本質的には心理的な問題だ」と指摘する。中国では、欧米のように互いの領分をはっきりさせることが難しい場合も少なくなく、自立や自由を求める若い世代と、習慣やしきたりを重視する上の世代との間で確執が生じやすく、嫁姑の対立にまで発展してしまう。

心理カウンセラーは「互いに期待しすぎないようにして、距離を取るようにし、境界線を決めるといい」とし、自分が率先してやるようにすれば、関係がうまく行きやすくなると話している。

[PR]

# by 020lv | 2017-04-11 11:28 | Comments(0)

それからの長いつきあいが楽になる

 初対面の会話に時間を割くといっても、二、三分を超えることはない。ちよつと神経を使って、気の利いた言葉をひとつかふたつかでも言っておけば、それからの長いつきあいが楽になる。


 外国語を話すことができて、外国人とつきあいの経験のある人は、初対面のあいさつの仕方をよく知っているひ国際的な場では、現在は欧米方式が一般的である。相手が欧米の人でなくても、欧米式に従っていれば問題はない。相手の目を真正面から見て「はじめまして」と言い、握手をする。

b0225060_12432852.jpg


[PR]

# by 020lv | 2017-03-27 12:43 | Comments(0)