カテゴリ:未分類( 83 )

空車がやってくる確率はかなり高い

その乗り場はタクシー乗り場の根議があるだけで屋根もないので、知らない人にはタクシー乗り場には見えない可能性もあった。ちょうど交差点の近くで、直進してくる車だけではなく、左折車も右折車もやってくる位置にあったので、空車がやってくる確率はかなり高い。

しかし、交差点の角のところの車道側に立って、タクシーを拾おうとする人がいたら、必ず横取りされてしまう。実際、私がタクシーを持っているのを知っていても、私のほうを横目で見たり、知らないふりをしたりして、その角のところに立ってタクシーを奪っていった人が二、三人いた。
b0225060_12535942.jpg


[PR]

by 020lv | 2017-06-12 11:20 | Comments(0)

文在寅大統領の「月光政策」 

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の姓・文(ムン)は英語で「Moon(月の意)」と表記する。文大統領のある支持者はこの点に着目し、今回の大統領選挙で「月光騎士団」を立ち上げ活動した。また「月光マダン(広場)」という別のグループは「文在寅を愛する人たちが共にあります」というスローガンを掲げた。対立陣営ではこれを逆手に取った。例えば安哲秀(アン・チョルス)候補の陣営は「政治指導者は月のように他からの光を反射するのではなく、太陽のように自ら光を発しなければならない」と皮肉った。

 「月光政策」という言葉を最初に使ったのは意外にも全斗煥(チョン・ドゥファン)元大統領だった。金大中(キム・デジュン)政権当時、北朝鮮に宥和(ゆうわ)的な太陽政策に厳しい批判が集中した際、全元大統領が「野党は月光政策とかいった政策を掲げた上で太陽政策を批判すべきだ」と発言した。米国のウォールストリート・ジャーナル紙は文大統領就任に合わせ「韓国が月光政策の時代に」という見出しの記事を掲載した。文大統領が太陽政策を継承することを伝える記事だが、その際太陽と月を対比させるためこのような見出しにしたのだろう。同誌は月光政策について「太陽政策よりも現実的になるだろう」との見通しを示したが、これとは逆に経済誌フォーブスは「月光政策は北朝鮮と中国にとってしか良い知らせにならないだろう」という見方を示している。ニューヨーク・タイムズも「文大統領は南北関係を重視するため、トランプ大統領と対立する可能性がある」と指摘した。


 ただ米国ではこの「月光政策」を表現する「ムーンシャイン」という言葉はあまり使われない。20世紀初めの禁酒法時代、監視を避けて深夜に作った酒が「ムーンシャイン」と呼ばれた。今は米国の田舎で作られる密造酒を意味する言葉としてよく使われるという。月光を表現する際には「ムーンライト」を使うのが一般的だ。

[PR]

by 020lv | 2017-05-26 11:33 | Comments(0)

なんとなく蹄めの気持ちになっている

自分の社会における位置が少しずつ固まってくるので、将来も見えてくる将来の見通しが明るいときは、張り切りながらも余裕が出てくる前途が暗いと思われるときは、なんとなく蹄めの気持ちになっている


 いずれにしても落ち着いてくるので、級友たちのことも気になってくる学校を出るときは、成網のよし悪しがあったとしても、それほどの差ではないしかし、実社会に出て年月を経ると、かなりの差が生じてくる企集にいる者であれば、その投によって、社会的地位の上下も判定できる

b0225060_12465127.jpg


[PR]

by 020lv | 2017-05-11 12:46 | Comments(0)

仕事に関する悩みの場合は、直属の上司に相談する

b0225060_17295876.jpg

そのような「憎まれっ子」になってはいけないが、人に迷惑のかからない程度に、自分の悩みは、早目に人に聞いてもらうべきである。仕事に関する悩みの場合は、直属の上司に相談する。


協みを訴えるときに注意しなくてはならないことは、自分の感情のままに武駅をぶつけるかたちをとらないようにする点だ。たとえば、海外のマーケットを狙った新しいプロジェクトに関して、自分は当然そのメンパーに加えてもらえると思っていたにもかかわらず、外された場合である。


[PR]

by 020lv | 2017-04-26 11:05 | Comments(0)

中国各地で人気「嫁・姑講座」

2017年3月24日、参考消息網によると、台湾・中時電子報は23日、嫁姑の関係は、中国でも古くから複雑で微妙な問題として認識されていたが、現代でもそれは変わらず、嫁と姑の付き合い方を教える講座まで存在していると伝えている。

河北省石家荘市では近年、「嫁と姑の確執をなくす」「嫁姑が共存する方法」といった講座や研修が数多く登場している。嫁姑問題をなんとかしたいと悩む人が専門家の講座を訪れたり、研修を受けたりしている。

15年から嫁姑関係の講座を行っているというある心理カウンセラーは「嫁姑問題は、本質的には心理的な問題だ」と指摘する。中国では、欧米のように互いの領分をはっきりさせることが難しい場合も少なくなく、自立や自由を求める若い世代と、習慣やしきたりを重視する上の世代との間で確執が生じやすく、嫁姑の対立にまで発展してしまう。

心理カウンセラーは「互いに期待しすぎないようにして、距離を取るようにし、境界線を決めるといい」とし、自分が率先してやるようにすれば、関係がうまく行きやすくなると話している。

[PR]

by 020lv | 2017-04-11 11:28 | Comments(0)

それからの長いつきあいが楽になる

 初対面の会話に時間を割くといっても、二、三分を超えることはない。ちよつと神経を使って、気の利いた言葉をひとつかふたつかでも言っておけば、それからの長いつきあいが楽になる。


 外国語を話すことができて、外国人とつきあいの経験のある人は、初対面のあいさつの仕方をよく知っているひ国際的な場では、現在は欧米方式が一般的である。相手が欧米の人でなくても、欧米式に従っていれば問題はない。相手の目を真正面から見て「はじめまして」と言い、握手をする。

b0225060_12432852.jpg


[PR]

by 020lv | 2017-03-27 12:43 | Comments(0)

かわりに水を飲むことを勧めている

食物連鎖の上位へいけばいくほど、その途中で多くのエネルギーが失われるからである。したがって一キログラムのおいしい肉を食べる人は、その行為によって他人から一○○キログラムの殺物を奪っているといってよい。


また、オールコットは、健康のためにコーヒーやお茶をやめて、かわりに水を飲むことを勧めている。福井県の山の中で生まれた私は、いなかの水のおいしさをよく知っており、オールコットのいうように、もしかするとそれが最高の健康飲料ではないかとさえ思っている。

b0225060_12080085.jpg


[PR]

by 020lv | 2017-03-11 12:08 | Comments(0)

英メイ首相、今年中国訪問へ

英国のメイ首相が今年中国を訪問することが分かった。首相の報道官が明らかにした。欧州連合(EU)離脱交渉を進める中、主要国との関係強化を図る。

報道官は7日の記者会見で「特に過去数年間に深まってきた英中の親密な関係をあらためて示す機会になる」と指摘。「協議の内容には貿易問題が含まれることになるだろう」との見通しを示した。

メイ首相は就任から間もない昨年9月に、中国で開催された20カ国・地域(G20)首脳会議に出席し、習近平国家主席から再訪するよう招かれていた。

首相はEUの単一市場から離脱する意向を明言しており、最近数カ月間の海外訪問では貿易に関する議論が中心になっている。

[PR]

by 020lv | 2017-02-24 10:40 | Comments(0)

それは友人や家族の助言によって決めるべきことである

そういった意味で、おそらく他のどんな場合にもまして若い人には経験ある人からの助言が必要である。とくにどの新聞・雑誌を読まなければいけないというようなことは、本書では述べない。それは友人や家族の助言によって決めるべきことである。

b0225060_12374725.jpg

ここでは新聞・雑誌を選ぶ場合に、若い人および彼に助言する立場にある人の指針となるような注意をいくつかあげておこう。人間の悪い面ばかり伝える一二面記事的な事件しか扱わないような新聞は読まないこと。


[PR]

by 020lv | 2017-02-09 10:33 | Comments(0)

思想は頭の中で彫彊作用を届こす

この点で私と同じ意見をもつある医師は、「書物から得たものであれ自らが考えだしたものであれ、思想は頭の中で彫彊作用を届こす。それはべンあるいは舌を用いて外に表現することによって解放してやるしかない」と述べている。

b0225060_11463578.jpg

「目を開き」というのは、明な助言である・ものを見ていても心の目はいつも閉ざしたままという人がなんと多いことだろう。まさに「見れども見えず」である。そういう人が老年になって年の功を主張しても、そんなものは認めるべきでない。


[PR]

by 020lv | 2017-01-25 10:43 | Comments(0)